izumi
2017.7.20

    【第24回】身体を整えて水分循環が良くなれば痩せる!

    みなさん、身体の中の水分、滞っていませんか?

    血流や水分循環が滞ると、老廃物が身体に溜まりやすくなってしまいます。

     

    KWS®に通い始めた方々は水分循環が悪くなっている方が多くいらっしゃいます。

    身体の水分量も少なくなってしまっています。

     

    成人女性だと、50%~60%は欲しい水分量ですが・・・

    40%台の方がとても多いのです。

     

     

    ちなみに、体内の水分量とは、体内に含まれる水分の事で、

     

    血液・リンパ液・細胞外液・細胞内液などのことです波

     

    『血液・リンパ液・細胞外液・細胞内液』は栄養の運搬、

     

    老廃物の回収、体温の維持など身体にとって重要な働きがあります。

     

    水を飲んだ直後の”一時的に入っただけの水分”を正確に測定するものではなく、

     

    身体の中に取り込まれた構成成分としての水分なのです。

     

     

    だから、

     

    「お水よく飲んでるのに水分量が低い!」

     

    という方や、

     

    「むくんでいるのに水分量が低い!」

     

    という方は、ちゃんと体内に水分が循環出来ておらず、

     

    排出されてしまっているか、不必要なところに水分が溜まっている可能性があります。

     

     

    IZUMIも太っていて、むくんでいた数年前は体内水分量が40%台でした。

     

    むくむから水をあまり飲まないようにしていましたが、

     

    水はけが悪く、身体に水分が循環していなかった為、

     

    身体が水不足を感じていらない水分までためこんで、

     

    老廃物が溜まっていたのでしょうおばけ

     

     

     

    大切なのは、体内の水分循環が良くなる身体づくりをしながら

     

    キレイな水分を取ることです。

     

    そうすれば、老廃物は流れやすくなり、むくみにくくなります。

     

     

    どぶのようにどろどろで水分の少ない、老廃物の詰まった身体と

     

    山に流れる川のようにさらさらで透き通った水分の流れる身体。

     

     

    どちらが痩せやすいのでしょうかラブラブラブ

    自分の身体の水分循環の状態を知ることもダイエット成功への第一歩ですよ。

    お医者さんや学校の先生からもご好評頂いています!

    • 加地 到先生 (胃腸科内科院長)

      写真:加地先生

      身体の歪みをなおし、体幹を鍛えることで心と身体の様々な症状の改善が期待されます。KWS®の体幹トレーニングは、健康のみならず教育、介護など様々な分野での可能性が期待されるでしょう。

    • 城本 那奈先生 (医師)

      写真:城本先生

      身体をまっすぐに整え、姿勢を良くするということは最高の健康法ではないでしょうか。KWS®独自の理念に基づき、歪みのない健康的な生活を送りたい方におすすめしたいと思います。

    • 宮崎智美先生 (中学校教諭)

      写真:宮崎先生

      みなさんは、「習慣が変われば人生が変わる」ということばを知っていますか? 正しい座り方、歩き方が習慣になれば、子ども達は将来、健康的で美しいスタイルになることができるでしょう。KWS®に出会えたきっかけを最大のチャンスに変えて下さい。