izumi
2017.2.01

    【第20回】身体の歪みを見直して代謝アップ!

    みなさんこんにちはIZUMIです。

    「身体がかたい」というお悩みをお持ちの方、KWS®の生徒様にもたくさんいらっしゃいます。

    IZUMIもかつては立ち前屈で手が床に届かないほど身体のかたさには定評がありました…

    2

     

    でも!身体がかたいと代謝は落ちるし、ケガもしやすいのでいい事はありません。

    ぜひやわらかくしていきたいですよね

     

    「じゃあストレッチをがんばろう!」

    はい、それもいいのですが、それ以前にやらないといけないことがあります。

     

    身体の歪みを整えること

    です。

     

    そもそも「身体がかたい」とは関節とそれを動かす筋肉との動きがしなやかにできていないことです。

    関節は、とても複雑なつくりになっています。

    いくつかの骨や軟骨が上手く組み合わさり、いろんな動きに対応できるようになっているので、ちょっとした歪みで、本来の動きが出来なくなってしまいます。

    また、身体は全身つながっています。

    体中の関節は、お互いに連携をとって動いているので、どこか1箇所でも関節に不調が出ると、他の関節にも大きく影響します。

    例えば、股関節の動きが悪いと、骨盤が歪み、骨盤から下肢、骨盤から上肢に向かって歪みが生じ、首、肩、ヒザ、足首にまで不調が出てきます。

    体を軟らかくするには、全身の関節が正しく動くように整えることが大切です。

     

    正しく動かない状態で無理やりストレッチをしても身体は軟らかくなりません

     

    全身の関節、筋肉が軟らかく動くことで、身体全体のめぐりがよくなり、代謝がアップします。

    そうなると、太りにくく、不調のない身体になっていくことができるのです。

    身体が硬いとお悩みの方は、まず、自分の身体の歪みを改善していきましょう

    お医者さんや学校の先生からもご好評頂いています!

    • 加地 到先生 (胃腸科内科院長)

      写真:加地先生

      身体の歪みをなおし、体幹を鍛えることで心と身体の様々な症状の改善が期待されます。KWS®の体幹トレーニングは、健康のみならず教育、介護など様々な分野での可能性が期待されるでしょう。

    • 城本 那奈先生 (医師)

      写真:城本先生

      身体をまっすぐに整え、姿勢を良くするということは最高の健康法ではないでしょうか。KWS®独自の理念に基づき、歪みのない健康的な生活を送りたい方におすすめしたいと思います。

    • 宮崎智美先生 (中学校教諭)

      写真:宮崎先生

      みなさんは、「習慣が変われば人生が変わる」ということばを知っていますか? 正しい座り方、歩き方が習慣になれば、子ども達は将来、健康的で美しいスタイルになることができるでしょう。KWS®に出会えたきっかけを最大のチャンスに変えて下さい。